事務効率化

便利なオンラインサービスで事務の効率化をバックアプップいたします。

インターネットバンキング 新規ご登録・ご案内

(1)256ビットSSLに対応している暗号通信方式を採用

SSLとは、インターネット上でデータ通信を行う際に利用される暗号通信方法の1つです。 本サービスでは、そのなかでも、現時点でもっとも解読が困難といわれている256ビットに対応したSSL方式を採用しておりますので、インターネット上でのお客様との情報のやりとりは安全に行われます。
なお、Windows XPにおいては、SSLが機能しない脆弱性が指摘されているのでご注意ください。

(2)ログインパスワードの設定が可能

本サービスをご利用いただく場合、6~12桁の英数字からなるログインパスワードを、お客様ご自身で設定していただきます。また、設定されたログインパスワードはお客さまのご希望により、いつでも変更していただくことが可能です。

(3)自動終了方式を採用

一定時間以上、端末の操作をされずに放置されますと、自動的にシステムを終了させていただく「自動終了方式」を採用しています。

(4)EV SSLサーバ証明書を採用

Eメールに電子証明書を利用した電子署名を付与します。(セキュアメールIDを導入)メールの送信元の実在性、および電子メールの内容が通信途中で改ざんされていないことの確認ができ、フィッシング対策として有効です。
※お客様が利用されているパソコンのメール受信用ソフトがS/MIMEに対応している必要があります。
S/MIMEに対応していないパソコンのメールソフト、ウェブメールをご利用の場合、メール本文は表示されますが、「smime.p7s」という添付ファイルが添付されます。

(5)セキュアメールの採用

Eメールに電子証明書を利用した電子署名を付与します。(セキュアメールIDを導入)メールの送信元の実在性、および電子メールの内容が通信途中で改ざんされていないことの確認ができ、フィッシング対策として有効です。
※お客様が利用されているパソコンのメール受信用ソフトがS/MIMEに対応している必要があります。
S/MIMEに対応していないパソコンのメールソフト、ウェブメールをご利用の場合、メール本文は表示されますが、「smime.p7s」という添付ファイルが添付されます。

(6)ワンタイムパスワードによる認証の採用

契約者IDとログインパスワードに加えて、本人認証の手段としてソフトウェアトークンによるワンタイムパスワードによる認証を採用しています。ワンタイムパスワードは、30秒ごとに変化する使い捨てのパスワードであり、利用することによりセキュリティレベルが向上します。

インターネットバンキング専用セキュリティソフト

Rapportのご案内

ご不明な点は、お近くの店舗にお気軽にお問い合せ下さい

最寄の店舗を探す